声が小さい原因は意外なところにあるのかも

 

私は、声が小さいとかよく聞き返されるとかで長い間悩んでいました。

話すときだけでなく歌うときも、マイクの音量を大きめに、BGM を小さめにしないとうまく歌えないという状況がずっと続いていました。

しかしひょんなことから、それまでよりも大きく声を出せるようになり、聞き返されることも減りました。


声が小さいのには、肺活量よりももっと大事な原因が潜んでいることもあるのです。

それは自分の声に対する自信です。

私がそれに気づくことができたきっかけを書いていきます。


マイク

あるとき、録音用にマイクを買いました。

そのマイクで録った音が結構他人から聞こえている音に近いなと思って、それで声を録って聞いたりして練習していました。

それまでの録音だと、自分の声が悪いのか録音機材の音質が悪いのかよくわからないし、

ある意味それを言い訳にもできたのですが、

これは原音に近いので疑いようもなく言い訳もできません。

このマイクで録音した声がいい声なら、私はいい声なのです。笑


歌声

歌に関して持っていた問題のひとつに、

「地声と裏声はスムーズに切り替えられるけど、裏声が細々として子どもっぽく声質がまるで違う」というのがありました。

そこで、声を大人っぽくする方法に「口を縦に開ける」というのがあったので、

これを採用するといい感じになりました。

(いい感じだと気づけたのも録音に言い訳が効かないから)


それまではこの細々とした裏声を目立たせないために、地声のほうも弱くして歌っていて、

結果声量が小さくなってしまっていたのです。

この度裏声の細さが改善したため、強めに声を出しても声区の切り替えがスムーズになり、

自信がついたのもあって声量も改善しました。

今ではカラオケでマイク音量とミュージック音量が同じぐらいでも歌えるようになりました。

まさか声量が小さい原因がそこにあるとは…
みーこ

関連記事

声の大きさの3要素(+α)

声の大きさの3要素(+α)


話し声

マイクで普段家の中とか静かなところで話したり歌ったりするときの声を録って聞くというのはもう慣れていたので、

もう少し大きな声を出すとどんなふうに聞こえるんだろう?と、ふと思い録音してみました。

それで聞いてみると、意外とまともでは!?笑


それまでは大きな声を出すと、なんだかきれい声じゃない気がしていたのですが、

聞いてみるとこれはこれで悪くないんじゃないかと…

話し声と録音の声は違うというのは知っていたのですが、これは意外でした。

それで自信がついて、はきはきと話すことに対する恐怖が少なくなりました。

いい声を出そうとして自信がなくて声が小さくなると、逆に悪い声になるんですよね…

何につけても自信を持つのって大事なんだね
みーこ

関連記事

海外の研究が明かした伝わりやすい声の3つの特徴

海外の研究が明かした伝わりやすい声の3つの特徴


参考になったらうれしいです。

では👋