【HTML】これがやりたい!一問一答

 

この記事では、「HTML でこういうことがやりたいけど、何を使えばいいのかわからない」という方へ向けて、

一問一答形式で方法を書いていきます。

調べたら出てきそうなことよりも、ちょっと手の届かなさそうなかゆいところを中心にご紹介します。

それでは参りましょう!


画像を表示させたいけど、ブラウザが対応してないかも!

<picture></picture>の中に<source>タグと<img>タグを入れましょう。

<picture>は、中にある複数の<source>srcsetで指定された URL を検討して、ブラウザがそれに対応していれば選択し、

対応していなければ<img>srcで指定された URL を選択します。

つまり、別の拡張子の2枚の画像を用意する必要があります。

関連記事

ウェブサイトに WebP を導入する方法

ウェブサイトに WebP を導入する方法


動画を表示させたいけど、ブラウザが対応してないかも!

<video></video>の中に<source>タグを入れましょう。

<picture>と同様に、<video>の中にある複数の<source>srcで指定された URL を検討して、

ブラウザが理解できるものが使用されます。

<video>にはcontrols属性を付与しなければ再生や音量調整ができないので、付与することをおすすめします。


サイトやページのタイトルを変えたい!

サイトタイトル

<head></head>内部の<title></title>タグの内容を変更しましょう。


タブのタイトル横のロゴ(favicon)を変えたい!

favicon

まずFavicon Generatorなどのサービスで.ico形式のアイコン画像を作成します。

次に<head></head>内部に

<link rel="icon" href="/favicon.ico">

のように記述します。


SNS でシェアしたときに表示される画像を変えたい!

<head></head>内部に、次のような記述があると思います。

<meta name="twitter:site" content="@user_name">
<meta name="twitter:card" content="summary_large_image">
<meta name="twitter:image" content="https://example.com/images/subnail.jpg">
<meta property="og:url" content="https://example.com/posts/example-post/">
<meta property="og:image" content="https://example.com/images/subnail.jpg">
<meta property="og:title" content="ページのタイトル">
<meta property="og:description" content="ページの説明">

twitter:imageog:imageの画像への URL を変更することで、SNS で表示される画像を変更することができます。


参考になれば幸いです。

では👋