目標達成に不安や焦りを感じる理由

 

ある目標を達成しようとひたすら努力している人なら誰でも、本当にこれでいいのだろうかと不安に思ってしまうときがあります。

しかしそれは目標を達成したいと考えているなら当然抱く感情です。

全然不自然なことではないし、そういう感情を持てているということ自体が前進のための一歩になると思っています。

不安や焦りの原因がわかれば、落ち着いて次の一歩を踏み出すことができるようになるので、

今回は

  • なぜ目標達成の過程において不安や焦りを感じてしまうのか
  • 不安や焦りを感じたらどうすればいいのか

について考えていきます。


これでうまくいくのだという確信があれば、不安や焦りは小さい

あなたがある山の頂上に登りたいと思っているとします。

その山は登山道が整備されていて、初心者でも簡単に登れるし、今まで何人ものあなたと同じような人たちが登り切っている、と言われたら、

自分もなんだか登り切れそうな気がします。

そして、多くの人たちと一緒に、整備された登山道を登っていれば、何の不安も焦りもなく頂上にたどり着くことができます。


ところが、前人未踏、道という道もなく、山頂からの景色を見たものは誰もいない、と言われたらどうでしょう。

山に入るとすぐに、草木の間をすり抜け歩きながら「本当にこっちで合ってるのかな?」「他にもっといい道があるんじゃないかな?」と、不安や焦りを感じるはずです。

そしてその道が正解か不正解かは、その道を進んでみないとわからないですから、

何度も右往左往して試行錯誤してようやく頂上にたどり着くことになります。


考えてみれば当たり前ですが、これでうまくいくのだという確信がないために、不安や焦りを感じてしまうのだと言えます。

登山道を整備してロードマップを示してくれて、心の拠り所になるのが宗教などのコミュニティになったりするわけですね。

関連記事

楽を求めると不自由になる

楽を求めると不自由になる


不安や焦りは自分に何を与えてくれる?

不安や焦りを感じるのはごくごく自然なことで、それらの感情を感じること自体は悪いことではありません。

問題なのはそこで立ち止まったり、成果が得られないまま進むのをやめて方向転換してしまったりすることです。

今自分が進んでいる道の先が行き止まりだというのを確認することもせずに、

「こっちの道は行き止まりかも」「行き止まりに違いない」と思って進む方向を変えてしまう。

そんなことを繰り返しても山頂には永遠にたどり着けないでしょう。


これで大丈夫かなと不安や焦りを感じたときは、「この感情は私に何を与えてくれているんだろう」と自分に問いかけてみるといいでしょう。

そうすることで自分の感情を客観的に見つめることができるので、落ち着いて問題に対処できるようになります。

関連記事

恥は非対称的な感情である

恥は非対称的な感情である


今できることをただひたすらやるだけ

目標を達成しようとする人が、不安や焦りを感じてあれこれ悩むこと意外にできることは、

ひたすら前に進むことだけです。

最初は暗闇の中で右往左往するという大変な道のりですが、そのうちに光が見えてきて、

こっちでいいんだと確信することができるようになります。

その段階に到ることができれば、あとは楽になるはずです。

お読みいただきありがとうございました。

では👋