呼吸を忘れていませんか?

 

現代人は日ごろから様々なストレスにさらされているので、呼吸がついつい浅くなってしまいがちです。

ちゃんと息を吸って吐いているのは、寝ているときか歌っているときぐらいでしょうか。

でも深い呼吸をするのが本来の姿だと思うし、メリットもたくさんあるのです。


電子メール無呼吸症候群

先日、電子メール無呼吸症候群というものの存在を知りました。

スマホや PC などで集中して作業していると、いつのまにか呼吸が止まってしまっているというものです。

情報化社会のなかにあって、この症状を持つ人って結構いるんじゃないかなと思います。

私もコードやブログを書いているときに息が止まってしまっているなと感じることはよくあるので、気をつけないと😥


会話中も息が止まっている?

肺活量のトレーニングを始めたばかりのときは、こんなに息って吸えるんだとびっくりしました。

呼吸をちゃんと意識するようになってから気づいたんですが、驚いたことに私は会話中も呼吸が止まっている!

会話中って、歌う時の息継ぎみたいにはっ!ってしないなと。

集中しているとどうしても忘れてしまうけれど、呼吸が浅くなると猫背にもなりやすいし、声も弱々しくなってしまうので、意識して呼吸をしていかなければいけませんね。


深く呼吸をするメリット

深い呼吸を意識するだけでも、様々なメリットが見られました。

無意識レベルで長期的にできると、より顕著に効果が実感できると思います。

背筋が伸びる

背中が丸くなっていると、肺にうまく空気が入りません。

空気をちゃんと入れようとすると、胸を張らないといけません。

その結果、姿勢がよくなります

発声が安定する

呼気量が少ないと、その範囲内で声を出さなければいけないので、不自由な感じがしますが、

声を支える息の量が多くなると、声に余裕が出てきます

息が続くようになるので、早口も改善されると思います。

自信がつく

なんだか自分が大きくなったような気分になります

胸を張るからというのもあるし、余裕をもって発声できるからというのもあります。

関連記事

肺活量は必要?

肺活量は必要?


ただし、お腹が空く

しかし、今までいわば省エネモードだったのが、ちゃんと吸って吐いてするようになると、

今まで使わなかったエネルギーを使うようになるので、お腹が空きます!笑

痩せたい人にはいいかも?

あと、慣れないうちはちょっと疲れてしまうかもしれないです。

くれぐれも無理はしない範囲で、やってみてくださいね。

それでは~👋